2008年06月01日

芸能人の産後ダイエットにおける骨盤矯正

女優さんの出産から産後の復帰会見のニュースでは、出産前と何も変わらないプロポーションで羨ましい限りですが。。。

女性の体は出産する為に様々な変化を見せますが、骨盤開きもその一つで出産が近づくと女性ホルモンの影響から靭帯歪み骨盤広がり産道が確保されます。
産後から半年間骨盤不安定な状態で、この時期歪んだ骨盤のまま半年過ぎてしまうと歪んだ状態のまま骨盤固まってしまい、それが肩凝り腰痛等の症状を引き起こします。又骨盤広がったまま固定されてしまうと、内臓の一部が広がった骨盤に入りポッコリお腹原因になったり、脂肪のつきやすいお尻になったり、O脚になったりと変化してしまうのです。

出産
は人生において、命がけの大仕事。
それだけ、にも大きな負担がかかっています。
ですから産後骨盤矯正が必要で、出産後激しい運動ダイエットで元の体型に戻そうとするのは大間違いです。 目的も出産前体重ウエストの数値に置くのではなく、あくまでも骨盤矯正で「開いた骨盤歪んだ骨盤を元の状態に戻す」事を目的にすることが大切です。
posted by tea at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 骨盤矯正
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98835322
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


ブックマークプラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。